自然と暮らしを考える研究会が河川功労者に選ばれました

Home/新着情報/自然と暮らしを考える研究会が河川功労者に選ばれました

公益社団法人 日本河川協会が実施する「平成29年河川功労者」に、佐賀県地球温暖化防止活動推進員の石盛さんが所属する「自然と暮らしを考える研究会(唐津市)」が選ばれました。

同会は、「平成8年より河川清掃やリバースクールを開催し、また地域の水文化である水車の設置を地元の高校生と共に行い、水車の歴史や機能等の学習を通して先人の知恵を伝え、地域の自然や歴史文化に学ぶ潤いと安らぎのある地域づくり、河川文化の発展に貢献された」として、「歴史、文化活動又は芸術活動等により河川文化の発展に寄与し功績があった」団体に選ばれました。

 

 

2017-06-06T11:05:27+00:00 6月 6th, 2017|