エコドライブコンテスト過去の取組紹介

Home/新着情報/エコドライブコンテスト過去の取組紹介

平成28年度

最優秀賞

(佐賀市)

株式会社 シグマ

取組内容

・各自、社用車の燃費、走行距離、空気圧を月末に報告し、結果を社内掲示板(ネット)にて共有した。

・エコドライブ10のすすめリーフレットを社内掲示板にて説明し、全員に一読してもらった。

・佐賀県安全運転管理者協議会の「第18回事業所対抗セーフティドライブチャレンジ100」に参加。

 

利用したツール

・エコドライブ10のすすめリーフレット

・第18回事業所対抗セーフティドライブチャレンジ100

・車両別の走行距離、燃費、空気圧、燃料費、修理費等の報告一覧表

 

取組結果

<燃費面>

9月の全車両平均燃費が前月比 103.2%に向上した。(燃費管理表添付)

<安全面>

当イベント、第18回事業所対抗セーフティドライブチャレンジ100の参加により全社員の安全運転に対する意識が高まり、無事故・無違反となっている。

<環境面>

車間距離を十分にとることで、急発進・急停車などが少なくなり、また、燃費管理を各自が行うことで燃費向上につながった。

 

工夫した内容

・社員各自が燃費管理することで意識を高めることができた。

 

その他のアピールポイント

秋の交通安全県民運動のチラシを社内各所に掲示して、朝礼でも告知している。

平成20年2月よりエコアクション21 環境認証取得し、継続して二酸化炭素排出量の削減や廃棄物などの削減に取り組んでいる。

 

添付資料

・燃費管理表 ・エコドライブ10のすすめリーフレット ・第18回事業所対抗セーフティドライブチャレンジ100参加資料 ・エコアクション21認証・登録証

平成28年度

優秀賞

(武雄市)

株式会社 セリタ建設

取組内容

・全社をあげてエコドライブを推進

・社用車だけでなく、重機の運用にも生かした

・燃費改善率 前年比5%を目指す

・定例会議にて、エコドライブに関する意見交換、各管理者の取組を発表・共有

 

利用したツール

・自動車燃料費削減手順書(オリジナル)

・簡易型エコドライブ手順書(オリジナル)

・車両点検表

 

取組結果

全社の燃費が前年比7.4%向上、前々年比10.2%向上した。

 

工夫した内容

・重機については稼働時間に対する燃費を検証した。

・車両点検表に、走行距離、使用燃料、燃費も記入するように改良し、意識が向上した。

 

その他のアピールポイント

車両点検表、建設機械点検表は特定の月のみならず、毎月作成して管理を行っており、エコドライブだけでなく環境全体を考えて会社全体で行動している。

排ガス削減のみにとらわれず、車両、重機の燃費向上が環境経営にも役だっている。

 

添付資料

・車両点検表 ・建設機械点検表 ・燃費管理表 ・自動車燃料削減手順書

平成28年度

優秀賞

(唐津市)

株式会社 鶴松造園建設

取組内容

・当イベントに全社員で取り組み、意識の向上と環境への配慮を目指した。

・公共主催の活動への積極参加や、そのツールを活用してエコドライブコンテストに取り組んだ。

利用したツール

・佐賀県安全運転管理者協議会主催の安全運転管理者講習の受講

・自動車安全運転センター発行の「運転記録証明書の活用効果」ツールの活用

・佐賀県くらしの安全安心課主催の交通事故ワースト1脱却コンテストへの参加

・ISO14001 サーベイランス審査

・唐ワンくん 園内20キロ以下走行 表示ツール

取組結果

・社員同士の声かけによる意識の向上があり、社用車だけでなく通勤や休日の個人所有車についてもエコドライブへの意識が継続している。

・環境経営目標・活動計画を設定し、確認表にて数値化するようにした。

工夫した内容

・当コンテストの参加登録証を事業所玄関に掲示し、来客したお客様へも自社の環境への取組をアピールした。

・唐津市のマスコットキャラクター”唐ワンくんの園内20キロ以下走行”表示ツールを作成した。

その他のアピールポイント

私たちは自社の営みを、環境を扱う「人」と「みどり」を主体とし繋ぐ事だと捉えている。環境に考慮し、できるだけ環境負荷を減らしていくことが大事だと考え、一人ひとりの意識を高めて取り組みました。

添付資料

・社内研修 資料 ・環境会議 記録簿 ・安全運転管理者講習 資料 ・運転記録証明書の活用効果 資料 ・唐ワンくん活用ツール ・「脱ワーストワン」ステッカー(社用車貼付)

2017-06-15T15:03:24+00:00 6月 14th, 2017|Tags: , |